>

間違いが起こらないよう注意

何度も見直しをする

パソコンを使って作業を進めるので、間違いは起こらないと油断している人が見られます。
ですが時々は間違いが起こるかもしれないので、見直しを忘れないでください。
仮に間違っても、時間があれば修正できます。
全部仕事が終わってから見直すと、1箇所が間違っていることが原因で、残りの全てを修正しなければいけないかもしれません。

大きな手間が発生するので、こまめに見直すことを心がけてください。
またゆっくり仕事を進めることで、間違いを減らせます。
修正する時間を、あらかじめ確保するのも良いですね。
時間が無いと慌てて修正することになるので、さらにミスが重なる恐れがあります。
そこでも、スケジュール管理のスキルが重要になります。

みんなの間違いを指摘する

経理では自分の間違いだけでなく、他の人が作成した書類の間違いにも気づかなければいけません。
最終チェックを任されていると、認識してください。
経理職の人が見逃がすと、誰も気付かないまま進んでしまいます。
後で間違いが発覚した時に、会社全体の損失が出ることもあるので絶対に見逃がさないでください。

注意深く確認してください。
少しでもおかしいと思ったことがあれば、書類を作成した本人に尋ねましょう。
具体的な説明を受けることで、納得できると思います。
間違いが起こっていた場合は、そこで気付けます。
たくさんの書類があると、嫌になってしまうかもしれません。
ですが会社の重要な部分を担っているので、真剣にチェックしましょう。


この記事をシェアする